« コミックス発売&夢更新。 | トップページ | 4月カレンダー。 »

2013年3月29日 (金)

【女の子って。】について。

【女の子って。】の記事を書いて下さってる!Kanahei_s5
ありがとうございます!
 
ただそれを配信したニコニコニュースさんのコメント欄を見てると、
この本が誤解されてるようなのでちょっと説明させて下さいKanahei_4

2013_3_15

 
まず最初に、中身を読まず
化粧やダイエットを薦めるこんな女子力(笑)な
本があるから今時の子は…」等
書かれている方がいますが、
この本はそれらを推奨する本ではありません
 
むしろ早熟を煽る風潮に警鐘を鳴らし、
成長期の体を守るために必要な情報を
読みやすくまとめている本です。
例えば第一話は体重を気にする子にダイエットを"薦めない"話です
 
今の時代の女の子は、
沢山の情報を簡単に入手出来てしまいますChun_4
でもその中には間違った情報も多いです。
メディアに踊らされ成長期の体に負担をかけ
取り返しがつかなくなる事も…4_4
 
女の子って。】には
規則正しい食生活と運動をするのが一番キレイになれる
という事が前提として書いてあります。
その上で成長期の体にも負担のない
ストレッチ等のケア方法を紹介してますKanahei_22dash
 
間違った情報で取り返しがつかなくなる前に、
正しい知識を得てほしいという内容です。
 
繰り返しになりますが、
女の子の早熟化を煽る内容では決して無いです。
沢山の専門家の方々にもご協力いただき、
体を大事にしながら成長してほしい
という願いを込めて作った本です。
 
コメント欄には「小学生が化粧なんて」というコメントが目立ちますが、
この本にはメイクをする話なんて出てこないのにPuchideko_06
むしろ性別も関係ない、小学生らしい(?)
「朝寝坊なおしたい」とか
「足が速くなりたい」ってていう話もあるんですよ~~Tanu_4
「乗り物酔い」や「赤面」の話だってあります。
 
個人的には、学級文庫として教室に置いてほしいくらいですChun_5
それくらい、専門家の方や編集さんライターさんのお力で
丁寧な記事ページが出来上がっています。
 
本当に、成長期の子達の健康と心を想って
大切に描いた漫画です。
大切に大切に、作っていただいた本です。
誤解されているような内容では絶対ないです。
 
というわけで!【女の子って。
どうかどうか、よろしくおねがいしますKanahei_9
 
 
あと以前リンクしていたamazonさんが
もうずっと品切れ状態ですので、
お急ぎの方はお近くの書店さんで注文
していただくのが一番確実で早いかもしれません04_4_kanahei
在庫があるweb書店さんもありますので、そちらでもぜひ!
送料無料
e-honさん
などなど…!
 
あとこういう本は、ネット上のクチコミが結構重要だったりします…
ですので、もしこの本を読んで
人にお勧めできる本だな!」と思って下さった方は、
レビューを書いていただけると、とてもとても嬉しいです4_5_kanahei
 
amazonさんのレビューや、ツイッターやブログでの感想など、
本当に励みになります。
そして本の売上は今後の発行部数にも影響するので、
ぶっちゃけ本当にありがたいのです…Kuma_3

追記。

うぅ、どんどん変な形で広まってるみたいなので、
これも補足させてください…
 
元記事の最初に
「みなさんの頃はどんな事で悩んでいた?
走るのが遅かった事?それとも背が伸びなかった事?
でも今の小学生女子はもっとすごい事で悩んでいたのだ!」
等ありますが、この本にもそれらの悩み、出てます
 
「いまどきの子は…」という風に誤解されてますが、
実際の本の内容は"いまどき"関係ない悩みが大半です。
今も昔も人に言えない悩みを抱えている子はいます。
時代が関係するのは、昔より過激で面白おかしく煽った
情報が世に溢れている部分。
 
そこに警鐘を鳴らし、
悩んでいる子に対して
「くだらない」ではなく「大丈夫だよ」と言って、
正しい情報を教えてあげられるような、
そんな本になるよう頑張って作りました。
 
大人になると忘れているかもしれないけれど、
自分が子どもの頃は子どもなりに
真剣に悩んでいたことがあったと思います。
 
もし自分の子が世にあふれる間違った情報に
惑わされ悩み泣いていたら、
「心配しなくていいよ」と言ってあげたい。
そして正しい情報を教え、自分で生きる力を身につけて
笑顔で成長していってほしい。
そんな思いを込めてます。
 
あと「この悩みはまだ早い」という意見も見かけるのですが、
実践するのはまだずっと先だとしても、
正しい知識を得る時期は早ければ早いほどいいと思ってます。
大きくなって意識しはじめたときに正しい知識がないと、
それで体を傷つけ取り返しが
つかなくなってしまう可能性もあるかと思うので。
 
"薬用"リップや"薬用"日焼け止めで身を守る選択肢、
小学生にだってあっていいじゃないですか。。
 
なんというか…
 
架空の"現代こども像"を創りあげて、
子ども達をバカにするの、ヨクナイ。
真剣に悩み、健気に頑張ってる子達だって現実にいるんですよ…。
「今時の若者は」という言葉は、
本当に何百年たってもなくならないものですね。
 
一度本を読んでもらえたら、誤解であるとすぐわかる内容です。
勘違いしている方にも読んでほしいなと思いました。

|

« コミックス発売&夢更新。 | トップページ | 4月カレンダー。 »