« 漫画家さん達のコニーちゃんまつり。 | トップページ | 更新&サラすぱ2巻。 »

2011年3月15日 (火)

東北地方太平洋沖地震

今回の地震により被災された方々、ご家族の皆さまに、
心よりお見舞い申し上げます。

被害のなかった地域の方も 
連日の報道を見て胸を痛めていることと思います。

命がけで救助・支援・二次災害防止にあたっている皆さまも
本当に大変だと思います…

そんななか、地震から数日がたち、
自衛隊の方による活動や世界からの支援、
南三陸町にて安否不明だった9700人の方々の生存が確認されたりと、
暖かな、希望を感じられる話題も出てきています。

各地の復旧にはたいへんな時間が必要になるかと思いますが
一日でも早く、日本中の方々に
笑顔がもどることを願っています。

Heion_kanahei

今の自分に可能な支援を、出来る限りやりたいと思います。
募金・その他援助についてを【続きを読む】に書きました。
「自分に何が出来る?」と悩んでいる方、
一読していただけると幸いです。

一緒にサポートがんばりましょう!

【続きを読む】↓

■信頼できる義援金の募金先
日本赤十字社

その他の募金先は、
こちらのサイトにまとめられています。
災害が起こったとき、募金詐欺も発生します。(本当に酷い…)
せっかくの募金も、信頼できる機関にしないと意味がなくなってしまいます。
不確かな団体に注意しましょう。

■今は控えたほうがいい事

・不確かな内容のチェーンメールを回すこと
・個人による救援物資の送付や個人でボランティアに行くこと

チェーンメール等は、不確かな内容も多くみられます。
それらのメールは被災地の方々の不安にさせるだけでなく、
救助活動の妨げになる可能性もあります。

そして、たとえメールの内容が正しくても
チェーンメールという性質上、
元の情報が変更になった場合に応用がききません。
古い情報がさも【緊急】かのように回り続けてしまい、
それが二次被害の元にもなりかねません。
大量のチェーンメールにより通信網が混乱し、
最悪の場合、人命救助活動に支障を来す恐れもあります。

人から人へ情報が伝わる力は本当にすごいです。
それに救われた人々も多くいます。
だからこそ、その伝わる力が
悲しい結果に繋がらないようにしたいですよね…
私も気をつけます。。

そして現時点での個人による救援物資の送付や現地への過度の問い合わせは、
救助活動妨害・現地の人達の負担となってしまいます。
救援物資は信頼できる機関(必要な物を整理しまとめられた状態で被災地へ届けてくれる団体)へ渡すようにしましょう。
身近にそのような信頼できる機関が見つからない場合、
個人の支援は募金という形が今は一番かと思います。

ボランティアに行きたい思いも痛いほどわかるのですが、
今は現地で命がけで頑張って下さっている救助支援のプロの方々にまかせましょう。
混乱と緊急事態が続くなか、
気持ちだけで行くボランティアは邪魔になってしまいます。

現地へボランティアへと考えている方は、
今しばらく待ちましょう。
もう少し落ち着いて、地域復興の時期になれば、
必ずボランティアの募集が出ます。

今自分に出来ることは何でもやりたい!
私もそう思います。
だからこそ、サポートする側は常に冷静になって
そのとき自分に出来る最善の方法は何かを、
注意深く見定めていくのが大切だと思います。

多くの方々が被災地の復興を願っています。
私も自分に出来る最大のサポートを頑張りたいです。

|

« 漫画家さん達のコニーちゃんまつり。 | トップページ | 更新&サラすぱ2巻。 »