« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の2件の記事

2008年8月31日 (日)

ぶらり東京。

東京2日目、昨夜はうっかり眠りこけてしまいました。
美味しすぎる朝食で気合を入れ、いざ東京探索。
今日は、以前から狙っていた中野の【パパブブレ】という飴専門店さんへ向かうことに。
そのお店はスペインに本店があるという、なんかすごい飴専門店で。
こう、オサレーな感じの店内で、金太郎飴的なものを作っています。
店内でその飴細工を見ることができると聞いていて、
それはもうぜひ見てみたいと思っていて。
東京に行ったらきっときと行こうと心に決めていたのです。
で、今日は気合入れて中野に向かいました。
"中野"でまず思い浮かぶのは、しょこたんと中野ブロードウェイのことです。
「あぁ、ここが中野ブロードウェイなのかぁ…」と思いながら、商店街を通過。
途中でカワウソ氏が「今日は31日、ということはサーティーワン」と言ったので、
休憩がてら31でアイスを食べ食べ。ポッピングシャワーうまい。
その後は盛大に迷いつつも、一時間かけてやっとそれらしき場所に到着。
下町的な商店街のなかに、えらいことオサレで都会的な店。
なんか不思議な感じだなぁと思いつつ、ワクワクドキドキで店のドアに近づくと…
【9月2日の10:30までお休みです】的な張り紙。
OHHHHH!!!
無情!!
なんという無情!
こんなことって!!こんなことって!!(´;ω;`)
激脱力。
激脱力しすぎて、とにかく休憩しようねということになり、近場の漫画喫茶へ。
我々は何かあればとりあえず漫画喫茶です。
漫画喫茶の個室は素敵ですね。
のんびりくつろげる。
チビヘイさんと一緒の場合、どうしても普通のカフェなどでは茶はしにくいので
こういう個室系くつろぎ系はとてもありがたいです。
チビヘイさんの機嫌と我々の想いがうまくフュージョンすれば、
もう漫画喫茶はこのうえない快適空間。
で3時間ほどダラダラ。【鈴木先生】面白い。
エヴァの新しいほうの劇場版もチラっと見たりしつつ、のんびり。
そうこうしてるうちに、今まで妙なまでに無言で真剣ハイハイ訓練をしていたチビヘイさんが
「こんな閉鎖空間いやじゃー!!」という感じでウーウー言い始めたので、ダッシュで外へ。
そこから東京住みの友人に会い、もつ鍋を食しました。
カワウソ氏と彼は初対面でしたが、
ベースやら機材の話で「あれは変態的なベースだよね」とか
いろいろ盛り上がっておりました。
鞄の中のものを土産と称して適当に交換しあうという妙なことをしつつ、
絶妙に面白空間で面白時間を過ごしました。
21時スタートの夜勤をしている友人が仕事の時間になったので、解散。
カワウソ氏、本日は秋葉原の漫画喫茶へ。私は昨夜と同じホテルへ。
さて、皆と解散したあと、私はとてもトイレに行きたくなりまして。
あぁトイレあぁトイレとソワソワしてトイレを探すものの、
地下鉄はトイレが改札通った先にあるので、なっかなかトイレに行けない。
それでもなんとか無事トイレにたどり着き、久々の開放感。あぁこの開放感。
そんな開放的な気分で電車に乗り込むと、車内はぼちぼち混んでいて。
私はチビヘイさんを抱っこしていたし荷物もそこそこあったので、
車内の隅っこのほうでボゥっと立っておりました。
らば、席に座っていた若いお兄さんが無言でこちらにやって来て、肩をトントン。
そして今まで座っていた席を指差してドゾドゾと。
おぉぉぅ(・ω・*)嬉しい。
でも席に座るとチビヘイさんが「座らんとってー!!立って景色みせてー!!」と泣く可能性があったので、「いえ、大丈夫です(`*ω*´)」と。
でももうそのお兄さんは「まぁそう言わずに座って」という感じで立ったままで。
せっかくなので、座らせていただくことにしました。
いざ席に座ってみると、今日一日の疲れがどっと出てきて。
あぁ座ると楽だなぁと思いました。お兄さんありがとうございます。
電車のゆれも心地よく。ウトウトウトウト。
でも目的の駅までは5駅ほどの距離だったので、深く眠らないよう気をつけました。
いつもそうやって目的地を激しく過ぎてしまいますしね。
ウトウト、ハッ、ウトウト、ハッというのを繰り返しながら、
目的地に到着するのを待ちました。
…が。
いつまでたっても着きません。
おかしい。5駅くらいの距離だったはずなのに。
もう7駅目くらいです。
しかもどんどん見覚えのない駅名が出てきます。
あれー。
なんでやーと思いながら路線図を見てみると。
えぇ、もう、ばっちり反対方向です。
あれです、電車乗る前、用をたしてスッキリ開放感溢るる状態☆だったので、
うっかり反対方向へいく電車に乗車してしまったんですね。
あぁ。
切ない。
切ないですが、このまま乗ってても見知らぬ街へと連れていかれてしまうだけなんで、
早急に降りねばなりません。
でもここであわてて降りるとなんか微妙なんで、
先ほど席をゆずってくれたお兄さんに笑顔でお礼を言い、
「えぇここが我がホームタウンなんです、素敵な町なんですよ、えぇ」
という感じで電車を降りました。
そして反対側の電車にピャっと乗り込み、一時間遅れでホテルにたどり着きました。
やれやれどっこいしょ。
ジブリ行こうかと思ってたんですが、なんか力尽きてしまいました。
明日はたぶんホテルでゆっくりします…

| | コメント (7)

海洋堂フィギュア展レポート。

記事アップ後 追伸:この海洋堂フィギュア展、写真撮影OKなのです。
「撮って友達に見せちゃおう」的なことが書いてあるくらい。
たしかに普通こういうとこは撮影禁止ですから、
海洋堂ってすごいなぁと思います。(昔からそういう「皆で楽しみましょう」的なことをしている会社だったようです。素敵だ…)

08_8_21_3

手のひらサイズ。
緻密だ…
こういう、地面部分を細かく作りこんでるフィギュアがだいぶ好きです。
土とか。石とか。
そういうのを自分で作りこんでいって、
お気に入りのフィギュアをさらに素敵ングな感じにすることができれば…
もう言うことなしにテンションあがります。

08_8_21_4

恐竜。なんか可愛くて激写。
これも手のひらサイズだったと思います。
かーわいー。

08_8_21_5

エヴァ。
これも地面や背景が作りこんであって、
雰囲気がカッコイイ。

08_8_21_6

北斗の拳。
ケンシロウのうしろの闘気(?)が。
そしてライトが。
かっこよすぎる。
「自分ちでもこんなふうに飾りたい」と、カワウソ氏がうっとり眺めてました。
ぜひそうしてほしい。

08_8_21_8

ドラゴンボール。
こういう場面止めなフィギュアが好きです。

08_8_21_7

そして火の鳥。
これもライトがいい具合に雰囲気だしてます。
うーん、いいなぁ。
我が家の押入れに、こんな風にライトアップされた場面フィギュアをおきたい。
そして押入れあけるたびにウットリしたい。

と、ここまでザッと書いたんですが
チビヘイさんが目覚めてしまいました。
というわけでひとまずここらで一段落。

| | コメント (4)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »